乾燥肌に使ってみたいオールインワン化粧品

どんなに保湿しても潤わなくなったら…

トリニティラインジェル

どんなに保湿してもすぐ乾いてしまう、加齢による構造的な乾燥に効果を発揮するオールインワンがトリニティーライン ジェルクリーム。潤いを持続させる保水力の高いセラミドを従来の55倍も配合することで肌に潤いを閉じ込めてくれるのが特徴。また、大正製薬のドクタープログラムが開発したということで敏感になりがちな年齢肌にも安心して使えるのも魅力です。美容成分が95%以上含まれているだけあって、付けた瞬間はかなり濃厚なテクスチャーですがしっかりハンドプレスすることでしっかり浸透して長時間潤ってくれます。

話題のユーグレナで長時間保湿が可能に

oneオールインワンクリーム

その豊富な栄養価が美容効果にも注目を集めている話題のユーグレナを配合したオールインワンがoneオールインワンクリーム。そのままの状態では浸透しないユーグレナをナノカプセル化することで角層まで届けて肌の奥から潤いを満たしてくれることで乾燥小じわなども防いでくれます。今までの保湿、保水ではどうしても乾いてしまうという超乾燥肌の方や保湿成分が浸透しなくなってきたという年齢肌の方におすすめです。

エイジングケアの切り札プラセンタ配合

キレイデボーテジュレ

乾燥肌で特に進行しやすいシミ・くすみ、たるみ…本格化するお肌の悩みをなんとかしなくちゃ!と思いながらも中々時間が…という時に役立つのがキレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ。ジュレ独自のプルプルのテクスチャですが驚くほど早く浸透してしっとりと潤って、使い続けるほどにキメが整ってくるのが分かりました。保湿をしながらエイジングケアもしっかりとしたいという40代以降の乾燥肌の方におすすめのオールインワンです。

コスメルジュ編集部が選んだ乾燥肌におすすめのオールインワン

トリニティーラインジェルクリームプレミアム 編集部オススメ!

従来品55倍ものセラミドに48種の美容成分!保湿してもたるみっぱなしの肌に

蓋をあけてみたときに感じた「濃厚そう」というイメージどおり肌につけても濃厚です。なのでどこか物足りない感じがするオールインワン化粧品があるなか、その濃厚さか、使用後はフルラインでお手入れしたようなお肌になります。それがその濃厚だと感じる理由だと思います。そして少量で、すごくのび、これ1個でフルラインでお手入れしたようなお肌になるのでコスパもすごくいいと思います。

大正製薬グループドクタープログラムが開発した美容成分95%以上のオールインワン。美肌成分に欠かせないセラミド成分を従来品の55倍配合、さらに48種もの美容成分を配合しているのが特徴です。多くの美容成分をただ配合するだけでなくナノカプセル技術によって配合、乾燥しきった肌にも角質層までしっかり浸透させます。シンプルケアなのに、たるみをはじめ本格的なエイジングケアができると50代を中心に人気のオールインワンです。
3,800円・税別/定期初回1,900円税抜(2回目以降3,693円税込)
公式HPへ

oneオールインワンクリーム 編集部オススメ!>

話題のユーグレナを実感!59種の栄養素でオールインワンでも潤いが長時間継続

オールインワンおすすめワン

うすーい緑のジェルの中に粒々が入っています。サプリでも化粧品でも話題のミドリムシってどんなものかと思っていましたが、オールインワンとして伸びもよくしっとり感も申し分ありません。多分普通肌の人にはちょっとべたつくかもしれませんが、乾燥肌には丁度良い感じで、肌がずっとしっとりしているのが分かります。

59種類もの栄養素が凝縮された「ユーグレナエキス」配合のオールインワン。独自の先端技術でユーグレナエキスをカプセル化したので、新鮮な状態で肌に届くのが特徴です。また酵母エキスも入ったエモリエント成分が高配合されているので、潤いが長時間続きます。オールインワンでの保湿ケアは物足りないと感じていた人に。
4,900円・税別/定期初回1,950円・税別(2回目以降4,410円・税別)
オールインワンおすすめ公式オールインワン化粧品アンケート感想

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ 編集部オススメ!

多くの人気モデルも愛用!@コスメでも高評価の馬プラセンタ配合オールインワン

オールインワンおすすめキレイ・デ・ボーテ

ジュレタイプと馬プラセンタというのが気になりました。プルンとしているのに伸びが良く、あっという間に肌に飲み込まれていくような感覚。プラセンタ臭もなく、内側から肌が柔らかくふっくらしてきて、シワっとたるんでいた肌が少しずつ元気になってきたようです。高級な成分が多いのに、お値段もお手頃なのが嬉しいですね。

国産馬のプラセンタエキス、サイタイエキス、馬油の3大成分が配合されたオールインワン。ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドの三大保湿成分も加えることで乾燥が原因のたるみやハリ不足などをカバーするのが特徴です。また独自技術の天然ゲルを使用しているので、通常のジェルの2倍の浸透力があります。乾燥によるたるみが気になってきた人向け。
4,980円・税込/定期コース初回2,980円(2回目以降3,980円)税込
オールインワンおすすめ公式オールインワン化粧品アンケート感想

リペアジェル

コラーゲンを作る力を引き出す!美容のプロが選んだ無添加エイジングケア美容液

オールインワンおすすめリペアジェル

本当に化粧品か?と疑うほどのねっとり感で、肌に乗せるとじんわり温かくなる、今まで使ったことないオールインワン。美容成分だけでできているから、敏感肌の私でも使い続けられ、何よりどんな化粧品でも乾燥しやすかったのに、夜使って朝までしっとりしてる!こんなに早く効果を感じたのは初めて。買う時は結構な出費でも、コスパはいいです。

美容のプロが選ぶ美容液第1位に選ばれた100%美容成分だけで出来た無添加エイジングケア美容液。コラーゲンの生成を促す独自の生命体成分「ビタミンC生命体」と「コメ発酵生命体」を配合、自らコラーゲンを作り出す力を引き出してくれる働きがあります。1滴の水も加えない100%オーガニックの植物由来の美容成分だけで出来ているので敏感肌の方にもおすすめです。
今なら8,000円相当が1,900円!通販限定(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
オールインワンおすすめ公式

バランシングゲル

3種のセラミド配合!乾燥対策に欠かせない保水力を高められる保湿ゲル

オールインワンおすすめバランシングゲル

ジェルとクリームの中間くらいのややモッチリめの白いゲルで、肌にすっとなじみます。使い始めは乾燥がひどくて2度付けしていたけど、最近は1度で済むように。肌質も改善できたのかな?べた付かないけど肌を守ってくれ、朝付けて夕方までしっとりと潤いが持続します。@コスメの口コミの高さに納得です。

3種のセラミドとプロテオグリカン配合の保湿にこだわったゲル。ゲル自体が肌と同じラメラ構造でバリア機能と同じ働きをするので、肌の水分が蒸発しにくいのが特徴です。更に保湿に優れたプロテオグリカンも配合され、肌の潤いをキープしてくれます。乾燥が激しく、肌の保水力自体を改善したいと思っている人に。
5,250円・税込/定期初回3,725円税込
オールインワンおすすめ公式アンケート体験談

メディプラスゲル

600万本突破!圧倒的なコスパでも66種類もの美容成分で乾燥肌もプルプルに

オールインワンおすすめメディプラスゲル

もう何本目のリピートでしょうか…。白くてややトロミのある変哲のないゲルですが、瑞々しく肌の上に伸び、浸透するともっちりとした肌触りになります。これを使ってからは季節の変わり目でも乾燥することなく、続けることでハリも改善しています。匂いもなく無添加なので誰でも使いやすいのではないでしょうか。

40・50代を中心に600万本売れ続けているオールインワン。66種もの美容成分が配合され、肌の保水力や弾力を長時間キープして、もっちりプルンとした肌にしてくれるのが特徴です。また水分も美肌に期待できる出雲玉造温泉を利用し、美容成分の働きを高めてくれています。防腐剤フリーで敏感肌の人でも使えるのがメリットです。
3,996円・税込/定期初回2,996円(2回目以降3,796円)税込
オールインワンおすすめ公式アンケート体験談

 

トリニティーラインジェルクリームプレミアム 40歳 乾燥肌

1.その時のあなたの肌の悩み

トリニティーラインジェルクリームプレミアム

肌の表面がまるでささくれのように所々向けたり赤くなったり、見るからに乾燥が悪化している肌でした。

 

2.その商品を選んだ理由

現状を友達に話すとセラミドが足りないんじゃないと言われました。そこでセラミドを重視したオールインワンを探したところ、なんだかすごそうな配合量のこちらが目に留まりました。セラミドだけじゃなく製品のほとんどが美容成分でかなり濃厚そう。まさに年齢肌をターゲットにした感じです。初回価格もお手頃だし使ってみることにしました。

 

3.テクスチャーと刺激・使い心地

想像通りかなりコッテリ系ですね。ただ私のような乾燥肌には良さそうです。肌に塗布すると思っていたよりべたつかず重たくありません。伸びもいいし浸透もすごく早いってわけではありませんが許容範囲です。ただ脂性肌の10歳下の妹に使わせたら、肌に思うように浸透しないなーとぼやいていたので肌質でだいぶ左右されそうですね。

 

4.使い方と工夫した点

口コミを読んでいると年齢肌には少し多めに使った方が良さそうだったので、割と多めに塗っていました。気になる目元口元には重ねづけしてハンドプレスをしっかりしていました。

 

5.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点

皮がむけるくらいの乾燥は良くなってきました。すっごくウルウル肌!ってわけではないのですが、見た目の痛々しさがだいぶ改善されそれだけでも十分です。夏に使えるようさっぱりタイプなんてのもあると面白いなって思いました。

トリニティーラインジェルクリームプレミアム公式HPでお試し・キャンペーン情報を詳しく見てみる!

 

 

※掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋しております。価格やキャンペーン情報などは変更している場合がありますので公式サイトで最新の情報をご確認下さい。

 

>>コスメルジュ編集部が選んだオールインワン化粧品総合ランキング

乾燥肌の人のオールインワン化粧品の選び方

乾燥肌の方はオールインワン化粧品が向いているといわれます。バリア機能が低下していることもあって刺激に敏感なので、1回でひと通りのケアかできるオールインワンは摩擦による刺激を最小限に抑えることができる面で大きなメリットがあるからです。

乾燥肌の人がオールインワンを選ぶ時は保湿成分がどのような形で処方されているか確認

50代オールインワン

となるとまずはこの摩擦の刺激をできるだけ軽減できる製品を選ぶことが第一です。伸びがよく何度もこすらなくてもムラなく塗っていくことができるか、そして肌にすぐに馴染むか。

 

この点は肌との相性もあるので難しい部分もありますが、使い心地の面も考慮したうえでできれば実際に試してみたうえで判断しましょう。世間で評価の高い製品も意外とこの点をクリアしていないことがあるので注意したい部分でもあります。

 

そのうえでやはり欠かせないのが保湿成分でしょう。乾燥している肌に負担をかけることなく使用できるかも大事ですが、何よりも肌の乾燥そのものをいかに改善していけるかどうかが最大のポイント、保湿成分をしっかり補うことができるかどうかを確認しておきましょう。

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった代表的な保湿成分はどのオールインワンでも配合されていますから、どのような形で配合されているか、どんな種類が配合されているのかがポイントです。

 

たとえばセラミドの場合はもっとも浸透性に優れているといわれるヒト型セラミド、コラーゲンの場合はマリンコラーゲンなどがオススメです。またコラーゲンとヒアルロン酸は分子量がもともと大きく浸透しにくい難点を抱えているため、ナノ化による低分子化が行われているかどうかもチェックしておきたいところです。

乾燥肌の人は油分も補えるオールインワンを選ぶ

50代オールインワン

この成分の細かいチェックはビタミンC誘導体にも共通しています。抗酸化作用やコラーゲンの生成を促すといった働きで乾燥肌にも欠かせないこのビタミンは安定性と浸透性に難点を抱えており、通常はブドウ糖など他の物質と結合させたうえで配合されています。

 

そのためどの物質と結合させてどのような形で誘導体として作られているかで効果や浸透性に違いが出てくるのです。この点にこだわりがある製品は詳細とともにアピールしていますから、他のビタミンC誘導体とどれぐらい違うのかを見ておくとよいでしょう。

 

もうひとつ、油分をうまく補えるかも大事な点です。乾燥肌は保湿成分だけでなく表皮の油分も不足していることで水分が蒸発しやすい状態になっています

 

オールインワンは乳液、クリームの役割も兼ねているわけですから、しっかりと不足している油分を補えるかどうかも重要なのです。

 

自分の肌がどれだけ油分が不足しているか、カサつき、ツッパリ感の悩みを抱えているかなども考慮したうえで選んでみましょう。

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸はその質にも注目!

オールインワン化粧品がもっとも役立つ肌質が乾燥肌といわれています。エイジングケアの選択肢としてオールインワン化粧品が人気を得ているのも肌の衰えによる乾燥を効果的にケアしていくことができるからです。ほとんどのオールインワン化粧品には保湿効果が備わっているため、乾燥肌の人は選びやすい状況なのですが、とくにひどい乾燥に悩まされている人はどういった基準で選んでいくとよいのでしょうか(参照:乾燥肌の基礎化粧品の選び方)。

乾燥肌の人のオールインワン選びでは同じ保湿成分でも効果は様々な点に注意

ポイントとしてはやはり保湿効果がどれだけ得られるのか。配合されている保湿成分を詳しくチェックしましょう。セラミドコラーゲンヒアルロン酸といった保湿成分は定番ですが、その成分の質も確認しておきたいところ。

 

たとえばセラミドはいくつかの種類に分けられます。とくに保湿効果に優れているのがセラミド1セラミド3です。またヒアルロン酸はもともと分子量が大きく、肌に浸透しにくいという問題点を抱えています。

 

この問題を解消するため低分子化を施したうえで配合した製品もあります。同じ成分量ならこちらの方がより高い効果が期待できるのです。

 

コラーゲンに関してもミネラルが豊富なマリンコラーゲンや肌への浸透性に優れた加水分解コラーゲンなどの種類があります。公式サイトの製品紹介ページにこうした成分の種類や質に関する説明がされているかどうか。されているところほど保湿効果に力を注いでいると判断できます。

 

乾燥肌の人はいかに保湿成分を角質層の奥深く、そして隅々まで行き渡らせるかが勝負となりますから、こうした点はいくら注意してもしすぎることはないでしょう。

40代以降の乾燥肌にはエイジング成分がどれだけ含まれているかもポイント

もうひとつ、肌の乾燥は生まれつきの肌質のほか、加齢による衰えによって生じることもあります。40代以降の乾燥の多くはこの衰えによるものです。そのため保湿効果とともに肌の衰えを防ぐ対策もオールインワン化粧品で行っていく必要があります

 

抗酸化作用を備えた成分やプラセンタなど肌の再生力を高める成分が配合されているかどうかも見ておきたいところ。EGFやFGF、フラーレンといった最新の成分もチェックしましょう。

 

こうしたポイントを踏まえたうえでオールインワン化粧品を選んでいけば効果的な乾燥肌対策を行っていくことができるはずです。

乾燥肌で使いたいオールインワン化粧品口コミ人気ランキング