オールインワン化粧品Q&A記事一覧

オールインワン化粧品は一度のケアで化粧水や美容液、乳液といった基本的なスキンケアを一通り行うことができる非常に優れた製品です。ではニキビ肌の人でも安心して使用することができるのでしょうか。ニキビができているとどうしても刺激に敏感になってしまいますし、不用意に化粧品を使用すると炎症を悪化させてしまう恐れがあります。オールインワン化粧品にそういった心配はないのでしょうか。まずオールインワン化粧品のメリ...

オールインワン化粧品の魅力はなんといっても1本でひと通りのケアを済ませることができる点です。手間と時間を省くことができるだけでなく、摩擦による刺激を最小限に抑えることができるため、刺激に対して敏感になっている肌にはとくに大きなメリットとなります。40代以降のエイジングケアで人気を得ているのもこうしたメリットがあるからです。しかしその一方オールインワンでは十分なケアができないケースもあります。ひと通...

オールインワン化粧品にはさまざまな成分が配合されています。化粧水、美容液、乳液など1本でいくつかのスキンケア製品の役割を兼ねるわけですから、配合されている成分もその分多くなります。ではオールインワン化粧品を選ぶ際にはどういった成分を意識してチェックするとよいのでしょうか。保湿成分・抗酸化成分はどのように浸透性が工夫されているかチェックまず保湿成分。どの製品にも似たような保湿成分が配合されている印象...

1本でひと通りのスキンケアを済ませることができるオールインワンとスキンケアを同じブランド、シリーズの製品で行うライン使い。時短ケアと入念なケアと両極端なイメージもあるこの2つですが、どちらがよいのか?オールインワンのメリットは肌への摩擦を抑えられ時短に繋がること人によって意見がかなり異なります。それはもともと目的やメリットが異なるため、使う人がスキンケアに対して何を求めているのか、重視しているのか...

オールインワンは1本でひと通りのケアができるのが魅力ですが、その一方で効果に対してどうしても不安がつきまとう部分があります。「楽なのはいいけど本当にこれだけで大丈夫なんだろうか」というわけです。オールインワンと他の化粧品を併用しても特に問題はないそこで他の化粧品を併用しよう、という人も多いわけですが、この併用は大丈夫なのか、そもそも併用でメリットが得られるのか、という問題もあります。結論から言えば...

敏感肌でもオールインワンを使っていいのか?この疑問には2つのポイントがあります。ひとつ目はオールインワンだけでケアをしっかりできるのか、ふたつ目は敏感肌にオールインワンを使うと肌に負担がかかったりしないのか、です。オールインワンは摩擦による塗布が軽減できるので敏感肌に適しているひとつ目のポイントに関しては技術の進歩もあって敏感肌にも適した製品が増えており、とくに問題なく使用できるようになっています...

肌のたるみは老化とともに進んでいくものなので一度できてしまうと解消するのがなかなか難しいのが現実です。時計の針を逆戻しして若い頃の肌を取り戻すようなものですから、スキンケアでは老化の進行を遅らせるとともに若い頃の肌のメカニズムを取り戻すための工夫が求められます。たるみケアには複数の成分を上手く組み合わせてケアする方が効果的いろいろと試してみたけれども思ったような効果が得られない、そんな方も多いはず...

美白対策はこれまで大きな矛盾を抱えていました。シミ・くすみの悩みを抱えている人ほどバリア機能が低下し、刺激に対して敏感になっているにも関わらず美白化粧品は刺激が強くて使いづらいという問題です。美白成分は効果が高いほど肌への刺激も高い傾向にあった紫外線のダメージでシミができるというのにそのダメージを受けやすい人ほど美白化粧品の使用には注意しなけばならない、逆に言えば美白化粧品を問題なく使用できる人ほ...

オールインワンは手軽にケアができるよいアイテムですが、ひとつ大きな難点もあります。それがモロモロ、肌に塗付したときにカスのようなものがボロボロと出てしまうことがあるのです。オールインワンに見られるモロモロは独特のプルプルした感触を出すために配合されている成分ジェルタイプに多く、その後のメイクがしにくいといった問題点を引き起こしてしまいます。必ずしもすべてのオールインワンにモロモロが出るわけではあり...

いまエイジングケアの分野でもっとも注目を集めている成分といえばプラセンタ。この成分を配合したスキンケア製品が増えているほか、美容サプリの成分としても配合されるようになっています。馬プラセンタのアミノ酸の含有量は豚プラセンタの1.2〜1.4倍程度というのが最近分かっているただその一方でこの成分に関する十分な理解が進んでおらず、イメージ先行になってしまっている面も見られます。それぞれのメーカーが製品に...

美容のみならず健康の分野で注目されているの「ユーグレナ」。スキンケア製品でも見かける機会が増えています。ミドリムシとしておなじみのユーグレナは美容と健康の面で大きな注目を集める藻類の一種あまり聞きなれない名前、という方も多いはずですが、じつはわたしたちにもなじみのある生き物です。おそらくほとんどの人は「ミドリムシ」という名称でご存知なのではないでしょうか?ミドリムシと言われてギョッとする方も多いで...

化粧品は価格が高い方が効果が高い、というイメージがどうしてもあります。メーカー側がそれを強調している部分もあり、新製品ともなると1ヵ月分で数千円、さらには1万円を超えるケースも少なくありません。スキンケア用品は価格と効果は比例せず、オールインワンではなおさらその傾向が顕著「それだけ効果があるのだから」と納得して高価な化粧品を買い続けている方も多いはずですが、ではオールインワンとなるとどうなのでしょ...

オールインワンが普及しているなか、エイジングケアに適したアイテムとのイメージが定着しつつあります。過剰なケア、とりわけ摩擦による刺激が厳禁とされるエイジングケアにおいて1本でひと通りのケアを行うことができるオールインワンは大きなメリットを備えた選択肢なのです。若い世代には向いていないということはなく、時短ケアの選択肢として非常の魅力的な面もあるでは若い世代にとってはどうでしょうか?エイジングケアへ...

オールインワン化粧品は1本で化粧水から乳液、クリーム、美容液、さらに化粧下地やパックの役割まで果たしてくれるスキンケア製品です。そのため手間が省けるだけでなく肌への負担も少なく済ませることができます。オールインワン化粧品を変えると肌環境も変わってしまうただ、その分融通が利かない面もあります。それぞれのスキンケアを別々の製品で行っていれば都合に合わせて化粧水だけをを交換、他の美容液を試してみるといっ...

オールインワン化粧品の多くは乾燥・敏感肌向けに作られているため、脂性肌の人が使おうと思った場合にはなかなかピッタリくる製品が見つからずに悩むケースが多いようです。では脂性肌の人がオールインワン化粧品を探す際にはどういった点を重視すればよいのでしょうか。脂性肌の人は皮脂の分泌量を抑えるニキビ肌用のオールインワンを脂性肌の人は皮脂の分泌量が多いため、そのコントロールがまず重要となります。とくに大人の女...

スキンケア製品選びでは3つの選択肢があります。夜は入念なケア、朝は時短ケアとメリットがあるように思えるが…まず1本でひと通りのケアを済ませるオールインワン、化粧水や美容液をそれぞれ自分に合ったものを選ぶ方法、そしてすべてのアイテムを同じシリーズで使用するライン使いです。どれが一番よいのかはひとりひとりが肌の状態や製品の内容、肌との相性を踏まえたうえで判断するわけですが、それぞれの方法を日々の生活の...

オールインワン化粧品が注目を集めるようになったのはゲル状のものが開発・商品化されるようになったのがきっかけとも言われています。化粧品の世界では油分や水分の量で呼び方も変わってくるそのため「オールインワンゲル=オールインワン化粧品」というイメージももたれています。ただ現在ではさまざまなタイプの製品が登場している中でクリームやジェルタイプも増えています。となるとどれが一番いいのか、自分に向いているのか...

スキンケアもメイクもしっかりやろうと思うとそれなりに時間がかかってしまうものです。その一方朝などはなかなかあわただしくて思うように時間を確保できないもの。BBクリームや下地効果のあるオールインワンなどの活用をその結果中途半端なケア&メイクで一日を過ごすことにもなりかねません。なんとか限られた時間の中でうまくできないか、時短メイクのよい方法を探している方も多いはずです。まず踏まえておく必要があるのは...

オールインワン化粧品は1本でひと通りのケアができる非常に便利なアイテムですが、ひとつ大きな弱点もあります。それが肌に塗付したときに出ることがあるカス、いわゆる「モロモロ」です。モロモロの正体は浸透しきれなかったゲルの余り白いカスが肌にボロボロとくっついてしまうことでせっかくのケアも台無しになってしまうこともあります。基本的にはその上に化粧下地やファンデーションでメイクをするわけですから、最終的な仕...

オールインワンは1本でひと通りのケアができる優れものですが、それだけに肌の状態や環境を考慮したうえで選んでいく必要があります。紫外線対策ができるオールインワンを選ぶのも◎この点季節の変化も重要な点で、肌環境によっては季節ごとに相応しいオールインワンを選んで使い分けるといった工夫も求められます。何しろ基本的にはオールインワンだけでケアを行うわけですが、それが相応しくないとその季節の間中ずっと不十分な...

寒さを増すとともに空気が乾燥していく秋冬は乾燥対策が第一です。油分を補い美容・保湿成分の蒸発を防ぎたい肌が外気と接触することでどんどん水分が奪われていく面があるため、まずは表面を保護するためにも油分をうまく補っていくことが大事です。もともと表皮には皮脂によって皮脂膜が作られており、それが外部からの刺激を防ぐとともに角質層の水分が蒸発するのを防いでいます。それが秋冬の乾燥した空気になると油分が不足し...