敏感肌の人のオールインワン化粧品の選び方とは?

敏感肌の人にオールインワン化粧品は適している一方、選ぶのが難しい面もあります。オールインワン化粧品は乾燥や刺激に敏感な肌のために作られたものが多いのですが、1本で基本的なスキンケアをすべて行うことになるため、肌質との相性が重要になります。

 

それぞれのスキンケアを単品で行う場合には都合に合わせて変更することもできますが、オールインワン化粧品ではそれができません。そのためまず肌質との相性を踏まえた上で選んでいく必要があるのです。

肌への負担の少ないオールインワンは敏感肌に最適も添加物の有無がポイントに

ですから、敏感肌の人のオールインワン化粧品の選び方ではまず刺激の少なさがポイントとなります。その製品が低刺激かどうかを判断するポイントは添加物の有無石油系合成界面活性剤防腐剤香料着色料鉱物油などです。

 

難しいのは有効成分を数多く使用していればいるほど製品の品質や持ちを維持するためにこうした添加物が必要になること。絶対に無添加、とまではいいませんができるだけ使用されていないものを選ぶようにしましょう。この点は賞味期限やコストパフォーマンスなども考慮に入れて判断することが求められそうです。

 

刺激の少なさではアレルギーの有無もチェックしておきたいところ。アレルギー反応を起こすような成分が使用されていないかどうか。あまり神経質になる必要はないと思いますが、実際に使用して肌がピリピリするなどの問題が生じた場合にはすぐに使用をやめた方がよいでしょう。返金保証がある製品ならお金の負担を気にせずに試してみることができるはずです。

保湿を補う&保湿成分を生成する成分が含まれているか

敏感肌のおもな原因は肌の乾燥。そのため保湿効果もやはり重要です。とくにコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど保水力に優れた成分がどれだけ含まれているか、角質層にしっかりと浸透するかどうかを見ておきましょう。ただ補うだけでなく、ビタミンCなど体内でコラーゲンの生成を増やす成分が含まれているかどうかも大事です。

 

刺激が少なく、安心して使用できる。これが敏感肌のオールインワン化粧品の大前提です。そのうえで保湿効果など、敏感な状態を改善できる効果が備わった製品を選んでいきましょう。

オールインワン化粧品口コミ人気ランキング